楽天モバイルは従業員紹介が超お得!詳細はこちら 
楽天モバイル

楽天モバイルのRakuten WiFi Pocket Platinumが一括1円!2Cとの違いも

記事内に広告が含まれています

 

楽天モバイル Rakuten WiFi Pocket Platinum

 

本記事では楽天モバイルで発売されたモバイルルーター「Rakuten WiFi Pocket Platinum」の価格/スペックや対応バンドを解説します。

前作Rakuten WiFi Pocket 2Cに続くとにかく安い4Gモバイルルーターで、さらにキャンペーンで1円で購入できます。

 

▼価格・スペックをみる▼

楽天モバイル公式サイト 

 

Rakuten WiFi Pocket Platinumは1円

 

楽天モバイル Rakuten WiFi Pocket Platinum 1円

 

Rakuten WiFi Pocket Platinumの価格

 

Rakuten WiFi Pocket Platinumの価格は税込7,980円です。

楽天モバイル公式サイトと楽天モバイル楽天市場店では端末のみで購入できますが、その場合はこの価格です。

(記事執筆時点では楽天モバイル楽天市場店では発売されていませんが、いずれ発売されると思います。)

 

さらに、SIMとセットならキャンペーンで更にお得に購入できます。

 

キャンペーンで1円で買える

 

楽天モバイル Rakuten WiFi Pocket Platinum キャンペーン

 

前章のとおりRakuten WiFi Pocket Platinumの通常価格は税込7,980円です。

ただし、SIMとセットで購入する場合は7,979円の割引が適用され、一括1円で購入できます。

 

新規契約、MNP、楽天モバイルのドコモ回線/au回線からの乗り換えの人も1円ですし、すでに楽天モバイルを契約中の人が追加でSIMを契約する場合も1円です。(1人1台まで)

詳細モバイルルーター1円キャンペーン | 楽天モバイル

 

2回線目も1円で買える

 

Rakuten WiFi Pocket Platinumは1円キャンペーンを実施していますが、このキャンペーンは2回線目も対象です。

すでに楽天モバイルを契約している人も、SIMを追加で契約すればRakuten WiFi Pocket Platinumが1円で買えます。

また、過去に楽天モバイルを契約していて解約した人も対象です。

 

転売目的でいくつも買うのはやめておいた方がよいですが、この機会にモバイルルーターが欲しい人や回線を増やしたい人は、Rakuten WiFi Pocket PlatinumをSIM契約とセットで買うのがおすすめです。

詳細Rakuten WiFi Pocket Platinum 1円キャンペーン

 

1円で買えない場合

 

ただし、Rakuten WiFi Pocket PlatinumはSIM契約とセットでも1円で買えない場合もあります。

 

  • 1人で2台以上買った場合
  • 過去にRakuten Hand 5GまたはRakuten WiFi Pocket 2Cを1円で買ったことがある場合

 

Rakuten WiFi Pocket Platinumが1円で買えるのは一人1台までです。

SIMを追加契約しても、1人で2台以上買うことはできません。

 

また、前作Rakuten WiFi Pocket 2CやRakuten Hand 5Gをキャンペーンで1円で買ったことがある人は1円になりません。

 

購入は1人1台までに制限

 

Rakuten WiFi Pocket PlatinumをSIM契約とセットで1円で買う場合、1人1台までしか購入できません。

1円で買った人は、SIMを追加で契約しても1円にはならないので注意してください。

 

同じ名義で2台目以降も購入できますが1円キャンペーンは適用されず、定価(7,980円)での購入になります。

詳細キャンペーン条件 | 楽天モバイル

 

月額料金

 

Rakuten WiFi Pocket Platinum使用時の月額料金は、楽天モバイルの料金と同じです。

楽天モバイルの料金プランは、データ使用量に応じて料金が変動する従量課金制です。

 

<最強プランの料金表>

容量 基本料金 通話料金
3GBまで ¥1,078 国内通話
かけ放題
(※1)
3GB~
20GBまで
¥2,178
20GB以上
無制限
¥3,278

※1:一部かけ放題対象外あり

 

データ容量をどれだけ使っても月額3,278円以上かからないので、他社のWiMAXやモバイルルーターを契約するよりお得です。

また、家族割である「最強家族プログラム」や学割の「最強こどもプログラム」「最強青春プログラム」でさらにお得になります。

 

なお、楽天モバイルは昔は1日10GB以上使うと速度制限がかかっていましたが、2022年秋に撤廃されたようです。

外出先でデータをたくさん使う人も安心して使えますし、固定回線代わりに使うのも良いでしょう。

詳細楽天モバイルを固定回線代わりに使う方法

 

▼価格・スペックを見る▼

楽天モバイル公式サイト 

 

端末のみ購入/中古を購入

 

Rakuten WiFi Pocket Platinumは端末のみ購入も可能です。

楽天モバイル公式サイトや楽天モバイル楽天市場店では、SIM契約なしでルーター本体のみで購入できます。

記事執筆時点で購入できるのは公式サイトのみですが、いずれ楽天モバイル楽天市場店でも買えるようになるでしょう。

価格はどちらも同じなので、購入金額に応じて楽天ポイントが還元される楽天市場店の方がお得です。

 

 

また、発売からしばらくするとRakuten WiFi Pocket Platinumは中古で端末のみも買えるようになります。

発売時から最安1円で販売されており、市場に端末がたくさん出回るでしょう。

格安の中古はもちろん、未使用品も買えるのでぜひ探してみてください。

 

 

ただ、Rakuten WiFi Pocket Platinumは楽天モバイルのSIMとセットで購入すれば1円で購入できます。

端末のみが欲しい場合もあえて楽天モバイルのSIMとセットで契約し、楽天モバイルのSIMは他の端末に入れて使うのもおすすめです。

詳細Rakuten WiFi Pocket Platinum 1円キャンペーン

 

Rakuten WiFi Pocket Platinumのバンド

 

対応バンド・周波数一覧

 

Rakuten WiFi Pocket Platinumの対応バンドは以下の通りです。

 

  • 5G:非対応
  • 4G:B1/3/7/18/19/26/28A/38/41

詳細Rakuten WiFi Pocket Platinum対応周波数 | 楽天モバイル

 

5Gには非対応

 

Rakuten WiFi Pocket Platinumは楽天モバイルの5Gに非対応です。

現時点では5Gエリアは狭く、4Gでも十分な速度が出るためそれほど影響はないでしょう。

 

プラチナバンドに対応

 

Rakuten WiFi Pocket Platinumは楽天モバイルのプラチナバンドにも対応しています。

楽天モバイルのプラチナバンドは4G/LTEのB28Aで、前作Rakuten WiFi Pocket 2Cは非対応でしたが、今作は対応しています。

 

プラチナバンドは障害物に強く、地下や建物の中など広範囲に電波が届きやすいのが特徴です。

ただし、楽天モバイルのプラチナバンドは2024年6月にサービスが開始したばかりで、使えるエリアはごくわずかです。

公式サイトではプラチナバンド対応をアピールしていますが、あと1~2年は気にする必要はありません。

 

ドコモ回線で使える?

 

ドコモ回線で使用する4G/LTEのバンドは1/3/19です。

Rakuten WiFi Pocket Platinumは1/3/19の全てに対応していますので、ドコモ回線のSIMでも問題なく通信できます

 

ただし、他社のドコモ回線のSIMを差し替えて使うには、本体をPCに接続し、管理画面からAPN設定が必要です。

APN設定の手順は付属の取扱説明書を確認してください。

WEBでも説明書が閲覧できます。

詳細取扱説明書 | 楽天モバイル(PDF)

 

使用前に必ず各キャリアの動作確認端末を確認してください

 

ソフトバンク回線は非推奨

 

ソフトバンク回線やワイモバイル回線で使う4G/LTEのバンドはB1・3・8ですが、Rakuten WiFi Pocket Platinumはソフトバンク回線のプラチナバンドのB8に非対応です。

 

4GのB1とB3には対応しているので街なかでは使えますが、山間部では電波が弱くなる可能性があります。

また、建物の中や地下は繋がりにくくなるでしょう。

理解して使う分にはよいですが、よくわからない人は使わないほうが良いと思います。

 

なお、他社のソフトバンク回線のSIMを差し替えて使うには、本体をPCに接続し、管理画面からAPN設定が必要です。

APN設定の手順は付属の取扱説明書を確認してください。

WEBでも説明書が閲覧できます。

詳細取扱説明書 | 楽天モバイル(PDF)

 

au回線・povo2.0で使える?

 

Rakuten WiFi Pocket Platinumはau回線のLTEバンド(1/18/26)の全てに対応しています。

よって、au・povo2.0・UQモバイルやau回線を使った格安SIMでも使えます。

 

ただし、他社のau回線のSIMを差し替えて使うには、本体をPCに接続し、管理画面からAPN設定が必要です。

APN設定の手順は付属の取扱説明書を確認してください。

WEBでも説明書が閲覧できます。

詳細取扱説明書 | 楽天モバイル(PDF)

 

使用前に必ず各キャリアの動作確認端末を確認してください

 

SIM差し替えで他社SIMを使う

 

すでに解説したとおり、Rakuten WiFi Pocket Platinumは楽天モバイル以外にドコモ回線/au回線の主要な4Gバンドにフル対応しています。

よって、SIMをRakuten WiFi Pocket Platinumに差し替えてAPN設定すれば、他社のSIMでも使えます

 

ソフトバンク回線やワイモバイルの回線は4Gのバンド8には非対応なので、使えないわけではありませんが、よくわからない人はあまりおすすめはしません。

 

  • ドコモ回線:◎
  • au回線:◎
  • ソフトバンク回線:△
  • 楽天モバイル:◎

 

ポケットWiFiをお探しの方は、楽天市場や中古スマホ店などでRakuten WiFi Pocket Platinumを端末のみ購入し、他社SIMを挿して使うこともできます。

楽天市場でも買えますが、イオシスやじゃんぱらなどの中古スマホ店も在庫が豊富です。

 

 

また、Rakuten WiFi Pocket Platinumは楽天モバイルのSIMとセットで購入すれば1円で購入できます。

他社SIMに差し替えて使う場合も、楽天モバイルのSIMとセットで契約し、楽天モバイルのSIMは他の端末に入れて使うのもおすすめです。

詳細Rakuten WiFi Pocket Platinum 1円キャンペーン

 

他社SIMを使う手順・APN設定

 

他社のSIMカード(ドコモ回線やau回線)を差し替えて使うには、本体をPCに接続し、管理画面からAPN設定が必要です。

APN設定の手順は付属の取扱説明書を確認してください。

WEBでも説明書が閲覧できます。

詳細取扱説明書 | 楽天モバイル(PDF)

 

海外で使える?

 

Rakuten WiFi Pocket Platinumは国際ローミングに対応しており、海外でも使えます。

楽天モバイルのSIMも海外でも2GBまでは追加料金不要で使えます。

海外旅行に行く人は、楽天モバイルのSIMとこのRakuten WiFi Pocket Platinumをセットで1円で購入し、海外で使うのもおすすめです。

 

1人で使う場合はデュアルSIMのスマホに楽天モバイルのSIMを入れて使った方がよいですが、家族で使う場合はRakuten WiFi Pocket Platinumのようなモバイルルーターを活用するのがおすすめです。

楽天モバイルを海外で使う際の設定や注意点はこちらにまとめています。

詳細楽天モバイルを海外で使ってみた

 

Rakuten WiFi Pocket Platinumのスペック

 

Rakuten WiFi Pocket Platinumの発売日

 

Rakuten WiFi Pocket Platinumの発売日は2024年7月11日(木)です。

 

型番はT99W541

 

Rakuten WiFi Pocket Platinumの型番はT99W541です。

 

なお、前作「Rakuten WiFi Pocket 2C」の型番はZR03M、「Rakuten WiFi Pocket 2B」はZR02Mでした。

 

製造メーカー

 

Rakuten WiFi Pocket Platinumの製造メーカーはFUYU PRECISION COMPONENT CO., LTDです。

ベトナムのメーカーのようですが、聞いたことはありません。

 

スペック一覧表

 

Rakuten WiFi Pocket Platinumのスペック詳細は以下のとおりです。

 

スペック
本体サイズ 高65mm
幅96.5mm
厚さ15.3mm
本体の
重さ
約103g
バッテリー
容量
2,440mAh
連続
通信時間
約10時間
(LTE)
連続
待受時間
約260時間
(LTE/3G)
最大
接続台数
16台
SIMタイプ nanoSIM
USB
端子
USB Type-C

詳細Rakuten WiFi Pocket Platinumのスペック | 楽天モバイル

 

本体カラー・色

 

Rakuten WiFi Pocket Platinumの本体カラーは「ホワイト」のみです。

前作Rakuten WiFi Pocket 2Cはブラックもありましたが、今作は1色になりました。

 

SIMロック? SIMフリー?

 

Rakuten WiFi Pocket PlatinumはSIMフリーです。

楽天モバイルで発売される端末はモバイルルーターもiPhoneもAndroidもすべてSIMロックはかかっていません。

 

すでに解説しましたが、Rakuten WiFi Pocket Platinumはドコモ回線やau回線の4Gバンドにも対応していますので、楽天モバイルに加えドコモ回線とau回線のSIMを挿しても使えます。

 

SIMサイズはnanoSIM

 

Rakuten WiFi Pocket PlatinumのSIMカードサイズはnanoSIMです。

前作Rakuten WiFi Pocket 2CはmicroSIMでしたが、今作は現在スマートフォンで一般的なnanoサイズになりました。

 

SIMとセット契約する場合は自身でSIMサイズを調整するマルチSIMが送られてきますので、最も小さいnanoSIMのサイズに割ってください。

詳細マルチSIM | 楽天モバイル

 

楽天モバイル マルチSIM

 

USB端子はUSB Type-C

 

Rakuten WiFi Pocket PlatinumのUSB端子はUSB Type-Cです。

ただし、充電器や充電ケーブルは付属していません。

持っていない人は自身で購入が必要です。

 

 

Rakuten WiFi Pocket Platinumの速度

 

 

Rakuten WiFi Pocket Platinumの最大通信速度は下り150Mbps、上り50Mbpsです。

5Gに非対応なのでそれほど速い速度ではありませんが、スマホなら3Mbpsもあれば何でもできるので、あまり気にする必要はありません。

エリア内で楽天モバイルの通信が問題なくできる場所であれば、Rakuten WiFi Pocket Platinumでも快適に通信できるでしょう。

 

ちなみに、前作Rakuten WiFi Pocket 2Cで測定したところ、常時40Mbps前後の速度が出ていました。

これだけあればスマホでもPCでも全く問題ないでしょう。

 

通信速度は地域・周囲の環境や時間帯によって異なるので注意してください

 

有線接続はできる?

 

Rakuten WiFi Pocket Platinumは有線接続はできません。

また、USB端子からLANケーブルへの変換アダプタなども使えません。

 

固定回線として使う方法

 

Rakuten WiFi Pocket Platinumは自宅の光回線/固定回線の代わりに使うのもおすすめです。

楽天回線エリア内ならデータ使い放題で月3,278円以上かかりませんし、データ通信速度もそこそこ速いです。

なにより、工事は不要で初期費用の端末代のみ(SIMとセットなら1円)です。

 

一人暮らしならRakuten WiFi Pocket Platinumに楽天モバイルのSIMを差して使うので十分だと思います。

また、固定回線の工事が終わるまでのつなぎや、長期出張時のみ使うのもおすすめです。

 

Rakuten WiFi Pocket Platinumを固定回線として使う方法はこちらの記事にまとめています。

詳細楽天モバイルを固定回線代わりに使う方法

 

Rakuten WiFi Pocket 2Cとの違い

 

楽天モバイルでは「Rakuten WiFi Pocket 2C」も発売中です。

Rakuten WiFi Pocket 2CとRakuten WiFi Pocket Platinumの大きな違いはSIMサイズと対応バンドです。

 

<前作との主な違い>

Platinum 2C
サイズ
(mm)
高さ 65
幅 96.5
厚さ 15.3
高さ 64.8
幅 107.3
厚さ 15.0
重さ 103g 107g
バッテリー
容量
2,440mAh 2,520mAh
連続
通信時間
約10時間 約10時間
SIM nano SIM micro SIM
4G/5G ◯/× ◯/×
同時接続数 16台 16台
対応バンド
(LTE)
B1/3/7/18
/19/26/28A
B1/3/7/18
/19/26
USB端子 USB Type-C USB Type-C

 

SIMサイズが異なる

 

Rakuten WiFi Pocket PlatinumとRakuten WiFi Pocket 2Cの大きな違いの1つはSIMサイズです。

前作Rakuten WiFi Pocket 2CはmicroSIMでしたが、Rakuten WiFi Pocket PlatinumはnanoSIMです。

最近はほとんどのスマホがnanoSIMなので、nanoSIMのほうが良いですね。

 

プラチナバンドB28Aに対応

 

Rakuten WiFi Pocket Platinumは楽天モバイルのプラチナバンドであるB28Aにも対応しています。

プラチナバンドのエリアなら、地下や建物の中でも繋がりやすいといったメリットがあります。

 

ただし、あまり気にする必要はありません。

現時点でプラチナバンドのエリアはほとんどありませんし、帯域幅が狭いため最大30Mbpsほどの速度しか出ません。

繋がったら地下や建物内でも繋がりやすいというメリットはあるものの、現時点では気にする必要はないでしょう。

 

それ以外は本体サイズがコンパクトになったのもメリットです。

Rakuten WiFi Pocket 2Cの詳細はこちらを確認してください。

詳細Rakuten WiFi Pocket 2Cのレビュー

 

正直どっちを買っても大差はありませんが、SIMサイズがnanoで本体もコンパクトなRakuten WiFi Pocket Platinumを買うのがおすすめです。

 

▼価格・スペックをみる▼

楽天モバイル公式サイト 

 

Rakuten WiFi Pocket Platinumの付属品

 

付属品・同梱品一覧

 

Rakuten WiFi Pocket Platinumに付属品はありません。

クイックスタートガイドと無線LAN初期設定シールがあるだけで、ケーブルや充電器などは付属していません。

 

<付属品>

  • 無線LAN初期設定シール
  • クイックスタートガイド

 

ケーブル/Cアダプタなし

 

Rakuten WiFi Pocket PlatinumにはUSB Type-Cのケーブルや充電器(ACアダプタ)は付属していません。

現在持っていない人は自身で購入が必要です。

 

 

クレドールはある?

 

Rakuten WiFi Pocket Platinumにはクレドールが付属しておらず、別売りでの販売もありません

Rakuten WiFi Pocket Platinumを自宅で据え置き型にし、固定回線代わりに使うのもおすすめですが、クレドールがないのは残念です。

 

自宅で据え置き型として使いたい方は、100円均一などで購入したスマホスタンドにセットし、ケーブルを挿しっぱなしにして使うのも良いでしょう。

前作Rakuten WiFi Pocket 2Cですが、私は以下のようにして使いました。

 

Rakuten WiFi Pocket 2C クレドール 100均一

 

Rakuten WiFi Pocket PlatinumはUSB端子が下にあるので、スマホスタンドは下部にスペースがあるものがおすすめです。

私は固定回線代わりに使っていた際は、充電しっぱなしだとバッテリーの劣化が心配だったので、コンセント部分にスマートプラグをセットし8時間おきに充電する設定にしました。

 

 

ケース・フィルム

 

スマホと同様、Rakuten WiFi Pocket Platinumにもケースや画面フィルムがあります。

私はケース・フィルム無しで使っていましたが、画面の傷などが気になる方はケース・フィルムを使いましょう。

 

 

▼価格・スペックをみる▼

楽天モバイル公式サイト 

 

Rakuten WiFi Pocket Platinumの設定

 

APN設定不要で使える

 

Rakuten WiFi Pocket Platinumの設定は不要です。

楽天モバイルで使う場合、SIMカードを入れて電源をONにすれば自動でAPNが設定され、データ通信が使えるようになります。

 

スマホ・PCへの接続方法

 

Rakuten WiFi Pocket PlatinumとスマホやPCを接続する場合は、スマホ/PCのWi-Fi設定画面でRakuten WiFi Pocket PlatinumのSSIDを選択し、パスワードを入力すると接続できます。

 

SSIDとパスワードは本体の画面から確認しましょう。

また、付属の無線LAN初期設定シールにも記載されています。

 

また、スマホやタブレットにつなぐ場合はQRコードを読み取ることで簡単に接続できます。

 

まず、Rakuten WiFi Pocket Platinumの画面上にQRコードを表示させましょう。

iPhoneの場合、カメラでQRコードを写すと画面上に「ネットワーク”(SSID)”に接続」と表示され、この表示をタップすると自動で接続されました。

パスワードの入力などは不要です。

 

Androidも同様にカメラでQRコードをかざすとSSIDが表示されますので、それをタップすると自動で接続されます。

 

SSID・パスワードの確認方法

 

Rakuten WiFi Pocket PlatinumのSSID・パスワードは本体のSSID /パスワード画面で確認できます。

本体のボタンを何度か押すとこの画面が表示されます。

スマホやPCに接続する場合は、ここに表示されたSSIDを選択した上で、パスワードを入力してください。

 

 

また、無線LAN初期設定シールが付属していました。

よくわからない人は端末や他のわかりやすい場所に貼り付けていても良いでしょう。

 

ただし、SSIDやパスワードは管理画面から任意の文字列に変更できます。(次章で解説)

 

管理画面へのアクセス方法

 

Rakuten WiFi Pocket Platinumは、PCやスマホと接続することで管理画面にアクセスできます。

 

  1. PC/スマホを本機のWi-Fiに接続
    もしくはケーブルで接続
  2. ブラウザを起動
    (Google ChromeやSafariなど)
  3. アドレス欄に「http://192.168.0.1」と入力
  4. 「ユーザ名(admin)」と「ログインパスワード(シールに記載)」をを入力

 

Rakuten WiFi Pocket PlatinumのWi-Fiに接続するか、USBケーブルでつないだ上で、ブラウザのアドレス欄に「http://192.168.0.1/」と入力すると管理画面にアクセスできます。

ユーザー名はadmin、パスワードはシールに記載されています。

詳細は付属の取扱説明書を確認してください。

WEBでも説明書が閲覧できます。

詳細取扱説明書 | 楽天モバイル(PDF)

 

SSID・パスワードの変更

 

SSID・パスワードは管理画面から変更が可能です。

本体とPC・スマホをWi-Fi経由で接続して管理画面にアクセスし、変更してください。

詳細は付属の取扱説明書を確認してください。

WEBでも説明書が閲覧できます。

詳細取扱説明書 | 楽天モバイル(PDF)

 

データ使用量の表示

 

Rakuten WiFi Pocket Platinumは管理画面で設定することで、本体の画面上にデータ使用量を表示できます。

本体とPC・スマホをWi-Fi経由で接続して管理画面にアクセスし、変更してください。

詳細は付属の取扱説明書を確認してください。

WEBでも説明書が閲覧できます。

詳細取扱説明書 | 楽天モバイル(PDF)

 

アップデート

 

Rakuten WiFi Pocket Platinumもソフトウェアアップデートができます。

本体とPC/スマホをWi-Fiやケーブルで接続して管理画面にアクセスし、アップデートしてください。

 

詳細は付属の取扱説明書を確認してください。

WEBでも説明書が閲覧できます。

詳細取扱説明書 | 楽天モバイル(PDF)

 

Rakuten WiFi Pocket Platinumの購入はこちら

 

以上、楽天モバイルで発売されたRakuten WiFi Pocket Platinumの解説でした。

とにかく安く買える4Gルーターで、SIMとセットなら1円で購入できます。

SIMサイズはnanoになり、本体もコンパクトになりました。

 

楽天モバイルはデータ従量制の料金プランで、使い放題でも3,278円以上かかりません。

たまにしか使わない方もたくさん使う方もお得なので、Rakuten WiFi Pocket Platinumでデータ通信料金を節約しましょう。

 

▼価格・スペックをみる▼

楽天モバイル公式サイト 

 

SIMとセット契約する場合は必ず最新のキャンペーン情報を確認してください。

契約前にエントリーすることで楽天ポイントが貰えるキャンペーンも実施中です。

詳細楽天モバイルのキャンペーン情報

 

楽天モバイル 記事一覧へ

 

タイトルとURLをコピーしました